読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんちめんたる通信。

身バレなどこわくない。

セルフィーを加工してみた。

不可逆な時間の流れとは裏腹に、記憶は容易に遡れてしまう。幸福な時間も、絶望の涙も、許せないくらいの憎悪の感情も。忘れたい出来事に限って、甘美な映像や悪夢として時折フラッシュバックするものである。

前だけ見ていたいタイミングで過去の振り返りを強制されると、突如冷酷な対応になる、そんな仏の顔も三度までな私がお送りします。せんちめんたる通信のお時間です。

f:id:the_very_hungry3819:20151219011248j:image

セルフィーとは、自撮り写真(selfie)を意味する言葉であり、facebookInstagramなどのSNSに投稿することが、世界中の特に若人たちの間でブームとなりつつある。

近年は、セルフィーが死因となる事故も起きているらしい。とんねるずみたいな学生ノリでセルフィーしちゃ…!ダメ!絶対!!(筆者はとんねるず大好きです)




余談だが、数年前に「自撮り」を「地鶏」と表記しているのを何度か目撃し、当時はそういったネットスラングにいちいち虫酸が走っていた。なぜ、普通に話せないのかという疑問で頭がいっぱいだったが、今では慣れすぎて日常会話が困難になりつつある。


可愛いはつくれる時代である。カラコン、つけまつげ、プリクラ、そして画像加工でいくらでも盛れる。

もうブスすぎてつらいと嘆くことはない。私の場合は年齢的にはもう、顔面偏差値よりは老けとの戦いであるが、この際加工でアンチエイジングしてみよう。ご存知のとおり、私の顔出しは最早ネタでしかない。


アプリはこちらのaillisを使う。
f:id:the_very_hungry3819:20151219011824j:image
レビューの星が微妙なのはこの際無視だ。
f:id:the_very_hungry3819:20151219012102j:image






アルバムから画像を選ぶ。
f:id:the_very_hungry3819:20151219012201j:image
こちらの安室奈美恵のライブのとき使用した画像にシンプルにブロークンフィルターをかける。










f:id:the_very_hungry3819:20151219012936j:image




おおおおお!
f:id:the_very_hungry3819:20151219013021j:image
いや、待て!アンチエイジング関係ない!!







というわけで、
f:id:the_very_hungry3819:20151219014246j:image
「工賃、はよ。」
と言わんばかりの若干イラッとするこちらの画像を加工する。





f:id:the_very_hungry3819:20151219014301j:image
左下の部分をタップして、



ん?

f:id:the_very_hungry3819:20151219014514p:image
顔認識されない…






f:id:the_very_hungry3819:20151219014556p:image
仕方ないので自分で各パーツに合わせていく。





輪郭の補正
f:id:the_very_hungry3819:20151219014723p:image
最大限にスリムにしてみた。
やつれた感。




からの、
目の大きさを最大限にして、
肌の滑らかさを設定。



それが、





















f:id:the_very_hungry3819:20151219014906j:image
こちらである。

ガリガリかよっ!
気持ち悪いよっ!!


だから…!











こうして、老けとの闘いは完全に負け戦で幕を閉じた。